まるのうらがわ♪

『ひだまりスケッチ』10話が放送事故寸前でも責められない理由

a0004555_21193092.jpg
■作画崩壊と紙芝居演出の違い

『ひだまりスケッチ』10話のあきらかに絵が足りていない斬新な演出にはおどろきました。でも、けなす気持ちになぜかなれない、それが『ひだまりスケッチ』の恐ろしさ。

 考えてみると、ヘタな絵が入るのが作画崩壊と呼ばれてしまう現象で、今回の『ひだまりスケッチ』は、絵は別にヘタじゃなくて(というか巧いくらい)で、全然動かない(のとあるべき絵が無い)のが問題だったんですよね。


■麗しい作画と視聴者の理解

 キャラのアップが少ないから作画崩壊というような人達にも、ちゃんとキャラのアップはたっぷり(静止画で)用意されていますし、ブログにキャプ画像を張っても、見た目は問題ありませんしね。

 たぶん原作が4コマ漫画ということが分かっているから視聴者も温かい目で観ているとも考えられますが。あと新房作品に対するワクチンはみんなすでに接種済みとか。


■紙芝居は演出の範囲?

 今回の絵が足りないのは演出なのかどうかという点ですが、そうともいえるしそうともいえない微妙な感じです。

 どういうことかというと、私が見た限りあれは狙った演出とは違うように思います。なぜかというと、すべての演出には理由があります。でもあの止め絵の多さには素材が少なかった以外の理由が見当たりません。

 主人公ゆのの絵が文化祭の出典にまにあわなかった。という話のネタにかけているとも考えられなくもありませんが、たぶんそれならもう少し別の方法をとるでしょう。でも、絶対やらないとはいい切れないのが新房アニメの難しいところです(笑)。

 放送を観た方なら分かると思いますが、手元にあるあの少ない素材だけで24分のアニメを作らなければならないという尾石さんの気持ちを想像すると、それだけで心臓が痛くなります。

 少ない素材でなんとか見られるアニメに仕上げたのは演出の尾石さんの力ではないでしょうか?


■溜飲の下げ方

 壊れたものや、途中で投げ出されたものを見せられると怒りも覚えますが、がんばってやっていることを感じられるとそう腹も立ちません。

 今回も観ていて足りない所に絵が入ればグッと良くなるのは十分想像できますし、DVDに収録されるものでは直っていることでしょう。たぶん手を抜いているのではなく、やりきれなかったのが正解だと思います。

 こういう場合リアルタイムでおもしろいものに立ち会えたと思って、楽しんでしまうのがいいんじゃないでしょうか。あとから観る人は普通のものしか観られないのですからね。
[PR]
by maruura | 2007-03-22 20:11 | 赤ひげ台帳

Better late than never.
by maruura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

メモとリンク

●気になるリンク●
◆個人サイト
akiman's blog
D-team
ex
アニオタフォース
野良犬の塒
しゃあぽ
コロコロザイーガ
新sumomopark
メビウス・ラビリンス
ひらがなぶろぐ
…かってにかーぼん…
Vj Cream Net Booth
◆メディア&便利
テレビ王国
しょぼいカレンダー
音泉
◆ブログ
はてなダイアリー
JUGEM
ライブドア
◆SBM
フロッグ
blogmap
はてなブックマーク

●レポート関連●
ワンフェス2004【冬】
------------------------------
六本木ヒルズ行ったよ
------------------------------
竹熊健太郎x氷川竜介
トークショー行ってきたよ

------------------------------
東京国際アニメフェア2004
いってきたよ。

------------------------------
ワンフェス2004【夏】
------------------------------
ワンフェス2005【冬】
------------------------------
東京国際アニメフェア2005
------------------------------
東京国際アニメフェア2007
------------------------------
まるのうらがわ(さくさく)

●お便りはこちら●
まるうら

●未定な予定●
『機動戦士ガンダムUC』は
最後まで劇場で観る予定



超健全サイト

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな