まるのうらがわ♪

カテゴリ:アニメ( 52 )

磯光雄監督フル3コマ作画の秘密が(ちょっと)判明

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.1
/ バンダイビジュアル

 今書店に並んでいる「オトナファミ2008 April」で「この名前覚えとこう! 2008年エンタメ業界 注目したい55人」という特集が組まれていて、その中に『電脳コイル』の監督である磯光雄さんのインタビューが掲載されていました。

 インタビューは普通に読めばなんてことの無い話かも知れませんが、読む人が読めば少し内容が違ってきます。

 とりあえず先に磯さんが発明したとされるフル3コマ作画についてのおさらい。

YouTube:MAD IsoMitsuo - Ciky no kiki


 アニメの作画を語ろう animator interview井上俊之(3)

 後半にフル3コマの話題があります。

 アニメの作画を語ろう animator interview井上俊之(4)

 時間のない人はこちらだけでも大丈夫です。


 以下はポイントを引用してみました。

 もっとアニメを見よう第3回 井上・今石・小黒座談会(3)

井上 俺はうつのみやに「これ、凄いのがいるよ」って言われて見せられたんだよ。その後『ガンダム』の原画を見せてもらった事があるんだけど、その描き方がそれまで知っていたどの描き方とも違ってた。
小黒 違うと言うと?
井上 ポイントを上手く押さえるような描き方ではない。動きを全部絵にするっていう描き方。それまでみた原画の描き方はどれも、どんなにいいポイントをつくか、ポイントでどんなにいいポーズを描くかっていうものだったんだよね。


 もっとアニメを見よう第4回 井上・今石・小黒座談会(4)

井上 振り返ってみると、近藤さんは常に、かなり複雑な動きをイメージできて、それを全部原画で描こうとしていたんだね。そういうアニメの原点みたいな描き方をしていたんだと思う。後に、そうした描き方は磯君が現れるまで登場しなかった。そういう意味では、近藤さんが磯君に反応するのも分かるんだ。これは想像だけど、多分磯君を見て、悔しいと思ったに違いない。


 つまり『フル3コマ』作画とは、イメージした全てを原画として描いてしまう手法のようです。


 これをふまえた上で「オトナファミ」のインタビューを読むと、磯さんは実は「原画と動画の分け方が分からなかった」と語られていて、次に「今でも絵を飛び飛びに描くのが苦手」とおっしゃっています。
 磯さんは学生時代にパラパラ漫画などを描いていたともおっしゃっていて、確かにパラパラ漫画には原画も動画もありません。

 ということで『フル3コマ』作画とは、原画と動画を分けて描くのが苦手だった磯さんが、その苦手な部分を逆手に取ることで生み出した手法だったのではないでしょうか?

 という結論に我々はいたりました。

 しかし、磯さんがいう苦手なので、これはものすごく高いレベルの話で、イチロー選手が外角苦手くらいのレベル、もしくはジャイアント白田さんがココナッツが苦手、くらいの話なのかもしれませんが。
[PR]
by maruura | 2008-02-22 19:33 | アニメ

劇場版エヴァンゲリヨン:序のツヅキ

7月17日の記事で

>シンちゃんの目のアップからカメラを引いていくカットは、どこかで見たことある気がしますが、誰の作画の特徴なのか思い出せませんでした。

 と書いたことについて、コメント欄で水池屋さんに指摘していただいた旧劇場版エヴァをチェックしてみました。

 早送りしながら確認したところ、25話『AIR』のラストでコクピットに乗ったシンジ君の目から引いていくカットを発見しました。しかし、ヱヴァ新劇場版の予告で見た作画の特徴とは違っていました。

 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』の新作場面カットを公開!!

 なんとなく、作画監督の黄瀬和哉さんかなぁとも思うのですが、これ以上書いても私の作画鑑定眼が無いことを晒すだけなので、やめておきます。たぶん、詳しい人ならすぐに分かることでしょうし(汗)。

 あと、調べている最中に、エヴァの知識がかなり曖昧になっていることを感じたので、アニメ様の七転八倒は読み返しておくといいなぁと思いました。

 アニメ様の七転八倒 第61回 エヴァ雑記「第25話 Air」


 このエントリーを書いている最中、ずっと考えていたエヴァの脊髄に挿すパイロットが乗り込む棒の名前はなんだっけ? という疑問は、この文の冒頭に「エントリー」と書き始めてやっと思い出しました(笑)。

 それとWikipediaでこの映画の正式なタイトルは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE』だということも初めて知りました。

 「YOU ARE (NOT) ALONE」とNOTがくくられているのが意味深ですね。

 という訳で新劇場版にはかなり期待してしまっています。画面がキレイになりすぎて特撮っぽさがなくならないといいですね。
[PR]
by maruura | 2007-07-20 20:46 | アニメ

マジョタク


 『魔女の宅急便』各担当作画パート 作画@wiki

 今はちょっと重いかも。とりあえず金田さんパートと井上さんパートはチェック。

ついで:アニメ『魔女の宅急便』のモデルと噂のパン屋を訪ねて 魔女の宅急便キキのパン屋さん?
[PR]
by maruura | 2007-07-13 21:17 | アニメ

4月放送開始 新アニメ感想 7回裏

くるりんぱ!

『スカルマン』

 2話まで観ましたが、スタッフが豪華な割にあまり面白味がありませんでした。反比例するように、どんどん私の中で『DTB』の評価が高まっていきます。岡村天斎監督のコンテ演出は玄人好み。とか書いておけば評価も高まるかな。『DTB』はしっかり観ていけばかなり味わい深いアニメだと思うんですけどね~。これが地味なら『攻殻機動隊SAC』もそうとう地味だと思うんですけどねー。難しいなぁ。

『おおきく振りかぶって』

 期待通りの出来! というかアニメらしいおもしろさがちゃんと追加されていて、期待以上の出来でした。このあたり水島監督の手腕が発揮されていますね。きちんとできすぎていて、書くこともないのですが、モモカンが手絞りジュースを作るところが、ぎゃー! と共感できてよかったです。あと三橋の発音が思ってたのと違いました。私の中での三橋はロハスと同じ発音!

『彩雲国物語』

 展開が少女アニメ的ベタですが、なかなかおもしろいです。

『ロミオ × ジュリエット』

 とても、すごい、厚み。

ついで

『Over Drive』は持ち直してよかったよかった。

『ブレイブ ストーリー』

 作画もレイアウトもかなりよかったです。5つ星で例えると星4つレベル(5はめったにありません)。これが受けなかったのは、ストーリーというか脚本をうまく消化できなかったコンテもしくは演出の問題でしょうか(脚本の段階ですでに迷走していたのかもしれませんが)。一部ダイジェストみたいになっていましたし、もうちょっと主人公ワタルの気持ちに寄ったコンテでもよかったのかなぁーと思えました。

More
[PR]
by maruura | 2007-05-07 22:09 | アニメ

ピーターパンおもしょい

a0004555_17123838.jpg 予習をかねて世界名作劇場の『ピーターパンの冒険』をピンポイントで観ました。

 原作だけだとすぐ終わってしまうので、話を膨らましているのだと思いますが、フック船長の根城のギミックが、昔の宮崎アニメみたいで予想以上におもしろかったです。

 ちなみにこの回の作画監督は沖浦さんで、原画も描いているみたいです。

 昔の宮崎アニメに飢えているような人は、世界名作劇場を見返してみるのもいいかもしれませんね。なかむらたかしさんがデザインしたキャラを沖浦さんが動かすのはとても見ごたえがありました。

 とりあえず『赤毛のアン』は観ておこうと思っています。
[PR]
by maruura | 2007-04-29 17:13 | アニメ

4月放送開始 アニメ感想 七回表

『ヒロイック・エイジ』

 初代『ネギま!』『蒼穹のファフナー』で悪い(?)イメージのついたジーベックも、今期は傑作ぞろいですね。ロボがすごいロボが! それ以上に虫がすごい虫が! メカ作監に大塚健さんがいました。『アイドルマスター XENOGLOSSIA』に引き続きすごい仕事量です。

 『Over Drive』や『武装錬金』もそうでしたけど、ジーベック独特の色が大変好みです。『ヒロイック・エイジ』も、荒廃した星の空気感と、日差しの強さが感じられる独特の色味がすごくよかったです。ところどころ青緑っぽいんですよね。

 冒頭の未来少年コナンみたいに、タコの足(コナンではサメ)を掲げてどたどた走る所も野生児らしくてよかったです(笑)。

『ひとひら』

 なんか薄くないですか? たぶん気のせいですねハハハ。関係ないけど屋上から見た風景が『RED GARDEN』っぽいのが気になりました。ちなみに『RED GARDEN』はニューヨークが舞台です。

『Darker than BLACK -黒の契約者-』

 2話まで続けて観ました。期待を裏切らない出来でかなりおもしろいです。主人公が悪いのが気に入りました。岡村天斎監督作品なので、もっと地味で面白味に欠けるのかと心配していましたが、地に足が着いたジワジワ来るおもしろさでよかったです。

 契約者の能力などちゃんとアニメらしい演出もありましたし、写実的な世界観と両立していてかなりの良作だと思いました。『攻殻機動隊』オタにもいいのではないでしょうか。でも音楽はちょっと浮いてたかも。

英國戀物語エマ(第二幕)

 1期のあらすじが全部1話におさまっていて分かりやすくてよかったです。たぶん、2話以降まったりした本編の進行についていけなさそうで困る。

『スカルマン』(実写)

 背景が全部CGでなんとなくひどかったです。でも昭和がずっと続いている感じの世界観はよく分かりました。あと、主題歌のTOKIOは「宙船(そらふね)」から歌の感じが良くなっている気がします。『スカルマン』のOPで使われる「ひかりのまち」は甲斐よしひろさん作詞・作曲なんですね。男くさくてカッコよかったです。


2周目以降

『大江戸ロケット』

 ますますおもしろくなってきました。おもしろかったギャグ→本編が始まって、前回のあらすじを作中のキャラがテレビで観ていて、あらすじが終わったら「あーおもしろかった! さっそくブログに感想書こう!」ていってて、噴きました。みっ! 見られてるッ!?

 あと、チラッと映った長屋の屋根に、アンテナを立てている人たちがいて、「これで地デジが見れるね!」で、また噴きました。江戸時代なのに。

『BLUE DRAGON』

 3話の演出・作画監督・原画以下スタッフがすべて外国名だったのに驚きました。でも、クオリティは上々でした。
[PR]
by maruura | 2007-04-23 13:18 | アニメ

4月放送開始 新アニメ感想 リリーフ登場

『機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ』

 やーぶーちゅー! 藪野浩二さん作画監督で話題になった1話をやっと観ました。冷静にならないといけないのでいままで寝かしておきましたよ。藪野さんはたしかに巧いけど、もうちょっと空気を読んでもいいような気がしました(汗)。なにか不満があったのでしょうか? 今後もいろいろと物議をかもし出しそうな1話でした。

 気になったのは、技術者の女の子がヘリに乗ってコクピットまで駆け寄る間に、前髪が風で立ち上がるいきおいで走っていて、いくらなんでもその距離でそれはないよと、思えました。こういう風に細かい所まで執拗(シツヨウ)に描きすぎているのが、不満あったのかなー? と思えたところです。

 あと、主人公が電車で寝ているカットとか、顔がもう『人狼』か今敏監督のアニメにでてくるおじさんみたいで、やばいくらいリアルなのですが、これがいいか悪いかで言えばダメなんじゃないかなぁ。

 藪野さんの巧さがしっくり来ていない1話だと思いました。

あにてれ:機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ

 トップにいい絵が。

『シャイニング・ティアーズ×(クロス)ウィンド』

 うっかり観ずに済ますところでした。これはすごい! めちゃくちゃ笑わせてもらいました。2話は録画していなかったので次回はちゃんと観ようと思います。

 でも、製作の方もどこかで止める勇気って必要だと思うのです……。
[PR]
by maruura | 2007-04-17 21:07 | アニメ

4月放送開始 新アニメ感想 三回裏

『大江戸ロケット』

 大地監督のアニメっぽかったです。町民がデンジャラスじーさんっぽいのが気になりました。今期は他の番組がすごいから目立ちませんが、かなりしっかりしたいいデキです。曾川昇さんの江戸時代おたっぽいところも活きてます。観てない人はあとでDVDで一気に観るとかなりおもしろいんじゃないでしょうか。OPとEDも気に入りました。そういえば佐藤竜雄さんがキャラとして出演してましたね(笑)。

『ながされて藍蘭島』

 かなりの実力者ですけど、萌えのベールに覆われてあまり目立たなかった細田直人監督のアニメです。動き的には『SHUFFLE!』のおもしろい部分を引き継ぐ形で、等身の大きいキャラではできなかった動きになっています。細田直人さんは今回、監督・キャラデザ・原画まで担当していて、心配になるくらいの活躍を見せていますね。あと千葉さんがいい役でした。

『sola』

 D.C.(ダカーポ)系かなと思ったらFateっぽくて、やっぱりこういったタイプのアニメは、主人公の心の動きに乗っていけませんでした。

『ぼくらの』

 OPの激烈な走りはだれですか? いきなりカニを花火でも燃やす人がでてきて、そこはかとなく漂う気持ちの悪さがやっぱり好きになれません。大人が社会の残酷さを無理やり子供に吹き込んでいるような感じがしてダメです。でもいちおう観ます。

『怪物王女』

 番宣を観てダメだと思っていたけど、案外大丈夫でした。フランケンっぽい「ふがー」としかしゃべらない人がかわいいですね。

『風の聖痕』

 分家の跡取りヂモのヤンキーっぷりがかなり気に入りました。というか人、死にすぎじゃないですか? 色がギャラギャラしているのでAICかJ.C.STAFFかと思ったらGONZOでした。全体的に一昔前のアニメの香りがいいですね。これで作画がくずれたらもっと好みです。というか今期は大好物な悪いGONZOが見当たらなくて悲しいです。

ついで

 ブルードラゴン2話に松竹徳幸さん発見。藪野浩二さんも。

 『マクロス7』

 セル画のパキパキした色はいいですね。相変わらず、戦場に突っ込んでいって歌って帰るだけっていうのが超ウケル! その間子安さんが「なぜ歌うんだ!」というツッコミを延々続けているのがさらにウケます。ホントその通りなんだけど、そんなこと聞いても全然意味がないってのがおもしろいです。しかも主人公は、なぜあいつらは俺の歌を聞かないんだって若干落ち込んじゃってるし、このわけが分からないちぐはぐさが、観ていて本当に「REMEMBER 16」な気持ちになります。

YouTube Remember 16

 検索したらライヴのアコースティックバージョンが出てきました。

マクロス7 LET’S FIRE!! FIRE BOMBER
Fire Bomber / / ビクターエンタテインメント
耳に残る歌モノは大体はいってます。
まだ買えるかどうかは知りません。
[PR]
by maruura | 2007-04-16 19:44 | アニメ

『らき☆すた』やるじゃん ><

a0004555_20131687.gif OPは好評だけど、本編は不評というネットの感想を見つつも、余計なことは考えずに観ました。

 初見でOPの歌詞を1割も聞き取れずに終わってしまう圧倒的なパワフルさに呆然。でもその後本編を観るとむしろOPイラネ。と思ってしまいました。でも、観終わった後にもう一度OPを観るとやっぱり中毒性がありますね。

■ 本編は京都アニメーションらしいしっかりさ

 不評な本編は、もっとループとか止めとか多用していると思ってましたが、ずいぶんしっかり作っているというか、手が込んでいますよね。(エンディングの原画マンの数を見ると分かります)

 まったりしすぎるという意見も分かりますが、話題の転がし方とかタイミングがやっぱり絶妙なんです。黒豹の異名をとる山本寛(ユタカ)さんに期待していたタイミングはもうちょっとキビキビした笑いでしたが、これはこれで巧くて良いです。

■ ツッコミはなくてもいいかも

 若干ダメだったところは、ツッコミが寒いところでしたが、これは原作どおりっぽいから仕方がないのかな。関東のツッコミは「○○じゃん!」と、いうことが多いけど、このツッコミの最高峰はさまぁ~ずの三村さんなので、4コマ漫画家はぜひ勉強するベッキー。ヒミツは○○の部分に何を当てはめるかですね。

■ キャラ編

 主人公が、オタクキャラだと思ってなかったので驚きました。こういう人はオタクとしてあるあるキャラですけど、いままでアニメでは観たことなかったですよ。がぜん原作にも興味がわいてきました。声優はハルヒで人気の平野綾さんにわざわざしなくても、と思ったけどこれわこれでいいかも。

■ チョココロネ

 チョココロネは、先端をちぎって、太い方の穴につっこんでから食べるとチョコがこぼれなくて経済的!

■ まとめ

 かわいいは、かっこいいより……強い。
[PR]
by maruura | 2007-04-12 20:33 | アニメ

4月放送開始 新アニメ感想 二回表

嘆いていいのは、全部観る覚悟のある奴だけだ!

『アイドルマスター XENOGLOSSIA』

 いまのところ神にもっとも近いのは京アニよりサンライズじゃないでしょうか? 全知全能なところとか。
 蝶おもしろいとまでは思えませんでしたが、OVAっぽい雰囲気がかなり大好きです。とにかく背景というかロケーションが活きていていい感じでした。たぶん聖地巡礼するファンなどすでに織り込み済みなのでしょう。
 流行の要素も貪欲にとりこんで、大人気ないと思えるほどきっちり打ち返す様子は、アニメ界のイチローに思えます。賛否両論あるみたいですが、ロボを入れたのは正解だと思います。

 無料配信中:@nifty:アイドルマスター XENOGLOSSIA
 観れない地域の方はネットでどうぞ。

 メモ:サンライズの歴史
 制作はマシンロボレスキューと同じ8スタ

『この青空に約束を― ~ようこそつぐみ寮へ~』

 頭を切り替えなければダメみたいです。作中で普通のことが、自分には普通に思えずついて行くのは難しかったです。これは、あまりおもしろくないのかな? ゲームの方はおもしろいみたいです。

『鋼鉄三国志』

 三国志はちゃんと読んだことがないので、どんどんまちがったキャラクター設定で覚えてしまっている気がします。劉備玄徳って女じゃなかったっけ(←一騎当千知識)。wikiで検索したらイメージと全然違う絵が出てきたーっ!
[PR]
by maruura | 2007-04-10 19:49 | アニメ

Better late than never.
by maruura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

メモとリンク

●気になるリンク●
◆個人サイト
akiman's blog
D-team
ex
アニオタフォース
野良犬の塒
しゃあぽ
コロコロザイーガ
新sumomopark
メビウス・ラビリンス
ひらがなぶろぐ
…かってにかーぼん…
Vj Cream Net Booth
◆メディア&便利
テレビ王国
しょぼいカレンダー
音泉
◆ブログ
はてなダイアリー
JUGEM
ライブドア
◆SBM
フロッグ
blogmap
はてなブックマーク

●レポート関連●
ワンフェス2004【冬】
------------------------------
六本木ヒルズ行ったよ
------------------------------
竹熊健太郎x氷川竜介
トークショー行ってきたよ

------------------------------
東京国際アニメフェア2004
いってきたよ。

------------------------------
ワンフェス2004【夏】
------------------------------
ワンフェス2005【冬】
------------------------------
東京国際アニメフェア2005
------------------------------
東京国際アニメフェア2007
------------------------------
まるのうらがわ(さくさく)

●お便りはこちら●
まるうら

●未定な予定●
『機動戦士ガンダムUC』は
最後まで劇場で観る予定



超健全サイト

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな