まるのうらがわ♪

カテゴリ:赤ひげ台帳( 15 )

『ひだまりスケッチ』10話がCBC放映版では修正されてる件について

a0004555_2172830.jpg ゆのっちゆのっちーひだまりスケッチ#10はCBC放映版では修正されてるらしいよー (ネタ元 カトゆー家断絶さん)

 よかった。病気の子供はいなかったんだ。


 やっぱり時間が足りなかっただけみたいですねー。

 コメントいっぱい書いてもらったので、ここでお返事します。

 演出だと思った人も、なにも感じず観てた人も、絵が動かなくてモキモキした人も、この話題でいろいろ楽しめた人みんなが勝ち組でいいんじゃないでしょうか。

 hoppyさんも書かれているとおり、この話題で楽しめちゃった人はみんな新房ワクチン摂取済みでしょうしね(笑)。

 とにかくだまされた人もみやぶった人も、みんな強くイ・キ・ロヽ(ΦωΦ)ノ
[PR]
by maruura | 2007-03-26 20:50 | 赤ひげ台帳

『ひだまりスケッチ』10話が放送事故寸前でも責められない理由

a0004555_21193092.jpg
■作画崩壊と紙芝居演出の違い

『ひだまりスケッチ』10話のあきらかに絵が足りていない斬新な演出にはおどろきました。でも、けなす気持ちになぜかなれない、それが『ひだまりスケッチ』の恐ろしさ。

 考えてみると、ヘタな絵が入るのが作画崩壊と呼ばれてしまう現象で、今回の『ひだまりスケッチ』は、絵は別にヘタじゃなくて(というか巧いくらい)で、全然動かない(のとあるべき絵が無い)のが問題だったんですよね。


■麗しい作画と視聴者の理解

 キャラのアップが少ないから作画崩壊というような人達にも、ちゃんとキャラのアップはたっぷり(静止画で)用意されていますし、ブログにキャプ画像を張っても、見た目は問題ありませんしね。

 たぶん原作が4コマ漫画ということが分かっているから視聴者も温かい目で観ているとも考えられますが。あと新房作品に対するワクチンはみんなすでに接種済みとか。


■紙芝居は演出の範囲?

 今回の絵が足りないのは演出なのかどうかという点ですが、そうともいえるしそうともいえない微妙な感じです。

 どういうことかというと、私が見た限りあれは狙った演出とは違うように思います。なぜかというと、すべての演出には理由があります。でもあの止め絵の多さには素材が少なかった以外の理由が見当たりません。

 主人公ゆのの絵が文化祭の出典にまにあわなかった。という話のネタにかけているとも考えられなくもありませんが、たぶんそれならもう少し別の方法をとるでしょう。でも、絶対やらないとはいい切れないのが新房アニメの難しいところです(笑)。

 放送を観た方なら分かると思いますが、手元にあるあの少ない素材だけで24分のアニメを作らなければならないという尾石さんの気持ちを想像すると、それだけで心臓が痛くなります。

 少ない素材でなんとか見られるアニメに仕上げたのは演出の尾石さんの力ではないでしょうか?


■溜飲の下げ方

 壊れたものや、途中で投げ出されたものを見せられると怒りも覚えますが、がんばってやっていることを感じられるとそう腹も立ちません。

 今回も観ていて足りない所に絵が入ればグッと良くなるのは十分想像できますし、DVDに収録されるものでは直っていることでしょう。たぶん手を抜いているのではなく、やりきれなかったのが正解だと思います。

 こういう場合リアルタイムでおもしろいものに立ち会えたと思って、楽しんでしまうのがいいんじゃないでしょうか。あとから観る人は普通のものしか観られないのですからね。
[PR]
by maruura | 2007-03-22 20:11 | 赤ひげ台帳

『まなびストレート!』からオタク世代間の問題まで考える

■演出を語るのは難しい?

『まなびストレート!』で考える、「『演出』が細かければ素晴らしい作品といえるか?」という命題

 記事を読んで、私が思っていたことが全部書かれていて感心しました。煽りになってしまいがちな内容なのに論理的にきっちり書かれていてすごいです。

 最近萌えアニメを題材に理論で語ろうとする人達が出てきていて、気持ちは分かりますが、いろいろ昔のモノを知っている古オタから見ると、十分な域に達していない理論が気になったりもします。

■お互いを尊重する気持ちが大切

 おたくの話

 とはいいつつも、上のような話もあるので、古オタもめくじらをたてるようなことなく、双方がうまく歩み寄っていけるのがいちばんいいんじゃないのかなと思いました。

 たぶんいちばんの被害者は、十分な域に達していない理論を読んで「へー!」っと思っちゃうような人なので、いろいろトラックバック先などを読んで気をつけましょう。

■オタク第二・第三世代の役割

 オタク第一世代は萌え世代と決別(イズデッド)してしまったので、萌え世代のおもしろい人をうまく導くのは第二とか第三世代の役割なんじゃないかなーというところまで考えました。

 役割というのは重すぎますけど、これはここがおもしろいよとか、そういうおもしろがりかたのコツを、私もこのブログに書いていけたらなぁと思っています。
[PR]
by maruura | 2007-03-16 19:14 | 赤ひげ台帳

作画アニメが好きな彼氏について

同い年で学生の彼氏が今年作画アニメオタクだということが発覚しました。

相手は「これはコマ送り再生をしているんだ、動きがおもしろくてしてるだけ」
と理解の苦しむ返答でばれてからまるで隠すつもりはないようです。
私はこの意味がわかりません。

ちなみに彼氏は「RD-X6」などの数個のレコーダーを利用していると公言し、作画アニメの話の中で「え、カリ城(←古いアニメの名前)ぐらい知っとけよ」といいます;
そしてお気に入りのアニメーターもいるらしく、語ってきます;
私は彼女として見られているのか不安です。
このアニメはどんな方が観ているのでしょうか。
普通の男性が観るアニメなのでしょうか。
私は興味がないので彼の話を流していますが、よく作画アニメの内容を聞かされ正直いやです。
でも彼氏の趣味を干渉するのはどうかと思うので表にはだしていません。

話があっちこっちいってごめんなさい。
男の方はだれでも作画アニメを観るものなのでしょうか。
彼氏は普段は普通のかっこうの高校生で、前彼女もいました。
ギターもうまく、流行の曲はくわしいです。
絵コンテやセル画を集めるといったことではなく、作画アニメを観るのが好きで当分飽きる様子はありません;

彼女としてどのような行動をとれば一番いいのでしょうか。
よろしくお願いします。

流行っているみたいなのでやってみました。ヽ(´π`)ノ
元ネタ http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2649594.html
[PR]
by maruura | 2007-02-06 20:56 | 赤ひげ台帳

ゲド戦記の新CMのおもしろさは異常!

 クロトワみたいな人がただ笑っているだけのCMです。

 みかたによっては、(映画は)散々叩かれているけど「満員御礼」ひゃっはっはっ! みたいに見えて腹が立つけど笑ってしまうCMでした。

 どこかで鈴木プロデューサーが語っていた、吾朗さんの強さはかなり魅力的ですね。

 宮崎駿作品ファンには目の上のたんこぶでしょうけど、駿監督が「あいつはダメだ!」と吾郎監督を公(オオヤケ)に罵倒し、吾郎監督は徹底的に父親とは違う作品を作ることでネチネチ勝負する。

 こういうWWE的(?)な構図が描ければ、スタジオジブリはこれからもっとおもしろくなるような気がします。相乗効果で。

 アニメ監督はなにかしらコンプレックスをもっているといいみたいですし、父親が世界中から支持されているアニメ監督だというのはこれ以上ないコンプレックスですよね。

 駿監督が年齢で弱ってきて、吾郎監督がジブリで幅を利かすようになってきたころに、鈴木プロデューサーに連れられた吾郎監督の娘さんがあらわれ、おじいちゃんに叩き込まれた超絶アニメ制作テクニックを駆使してアニメーションのエロスをふんだんに盛り込んだ作品を連発し、あんなの(吾郎監督作品)ニセモノだ! 嘘だ! ジブリじゃない! と言って吾郎監督を打ち倒す。というシリーズ構成までいちおう考えました。アニメ化しないかなGONZOで。


『時をかける少女』大ヒット記念オールナイト開催! リンク先の【速報!】『時をかける少女』大ヒット記念オールナイト開催!という文字リンクを押すと詳細ページに飛びます。
 上映作品:『時をかける少女』 『幻魔大戦』 『迷宮物語』
 
 濃いですね(´ー`;)。気になってきました。細田監督のトークショーもあるみたいです。映画のライナップを見ていると、細田監督トークショーの相手役は小黒さまのように思えてなりません。これわ『時かけ』をまき餌にして女子にりんたろう監督作品を見せるという小黒さまの罠ですよ!(笑)

あずまきよひこ.com 時かけを見てきた (ネタ元 はてなブックマーク)
 こういう映画だと知っていれば公開初日に観にいってました。

More
[PR]
by maruura | 2006-08-20 01:15 | 赤ひげ台帳

Better late than never.
by maruura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

メモとリンク

●気になるリンク●
◆個人サイト
akiman's blog
D-team
ex
アニオタフォース
野良犬の塒
しゃあぽ
コロコロザイーガ
新sumomopark
メビウス・ラビリンス
ひらがなぶろぐ
…かってにかーぼん…
Vj Cream Net Booth
◆メディア&便利
テレビ王国
しょぼいカレンダー
音泉
◆ブログ
はてなダイアリー
JUGEM
ライブドア
◆SBM
フロッグ
blogmap
はてなブックマーク

●レポート関連●
ワンフェス2004【冬】
------------------------------
六本木ヒルズ行ったよ
------------------------------
竹熊健太郎x氷川竜介
トークショー行ってきたよ

------------------------------
東京国際アニメフェア2004
いってきたよ。

------------------------------
ワンフェス2004【夏】
------------------------------
ワンフェス2005【冬】
------------------------------
東京国際アニメフェア2005
------------------------------
東京国際アニメフェア2007
------------------------------
まるのうらがわ(さくさく)

●お便りはこちら●
まるうら

●未定な予定●
『機動戦士ガンダムUC』は
最後まで劇場で観る予定



超健全サイト

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな