まるのうらがわ♪

<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ただのニュースサイトには興味ありません

教えて!goo:ご近所にアニメの監督さんが住んでるんだけど・・・
 すごおもしろい。すごしろ。

【WEBアニメスタイル】エヴァ雑記・纏め
 おつかれさまでした。

業界に一石を投じたジャンル“サウンドノベル”を今一度振り返る
 かまいたちは1も2もプレイしました。2は定価で買ったのにすぐにベスト版がでて絶望したので、3はベスト版を待ちますよ。フヒヒ

統一性を求めるユーザーに向けたアニメは手描きをやめて3D CGにすればいいんじゃないの?
 アニオタ界隈は同じ話題を何回繰り返せば気がすむのでしょうかヽ(´ー`)ノ。でも、今回の『なのは』のテレビ版は演出意図があってのあの作画なのか気になりますね。右の方がかわいいからいいじゃんとか思ったり。

関連:『先鋭表現と『手抜き』』、再び。

ベルカ式作画」というのは動きは良いけどキャラクターデザインに沿わない作画のことをいうらしいです。ということは、静止画のキャプチャー画像だけで比べるのはフェアじゃないというか「ベルカ式」がアウェーですよね。
[PR]
by maruura | 2006-07-27 19:41

テレビがなくなったらやだなぁ

DVJ-1000をつかったHIFANAのパフォーマンス映像 (ネタ元 RECO-PLAY.COMさん)
 すごいです。HIFANAってもっとおとなしい感じの人だとおもってました。

今敏 最新作「パプリカ」予告編 (ネタ元 たまとわさん)
 Flashムービーが終わると右下にリンクがでてきます。やっぱりクオリティは相当なものですね。期待、期待!

GIGAZINE - キル・ビル、さらにあと2作追加の予定
 I.Gは劇場作品が3つ動いているらしいですね。

ドバイで建設中のDiamond Ring Hotel完成予想図 (ネタ元 Kain@はてなさん)
 このあいだMXテレビで都知事の石原慎太郎さんが、日本のバブル期に作られた建築は周りの環境を考えずに作られていて悪趣味のきわみだ。というようなことをいっていたのを思い出しました。

書きたいように書けない人の(気持ち悪い)叫び
 アルファブロガーの技が! みんなまねしようぜ!

YouTubeが進化した、「ミドルテール」系サイトたち (ネタ元 はてなブックマーク)

最後に笑うガイキング?
 私は1話からおもしろいと思って見てます。ガイキングは話もおもしろいから絵がダメでも大丈夫なのです。最近クオリティが上がっている気がするのは、大塚健さんがブログでも書かれていたように、ダメな制作会社が抜けたというところもあるのでは?

何故「涼宮ハルヒ」は賛否分かれて、「時かけ」は絶賛の声ばかりなのか
 コメント欄がおもしろいなぁ。絵柄もそうですけど、シナリオや演出も原作を忠実になぞっていかなければならない時代が来ましたね。

ワンダちゃんとリセットちゃんが綾波レイとアスカのコスプレ! ワンフェスオフィシャルグッズ紹介!  (ネタ元 我思う故にアニメありさん)
 びみょー。ガイドブックは8月12日ごろ発売予定と。WSCも発表になってますね。

関連:ワンフェスインデックスページ

R醇ryksopp「Beautiful Day Without You」 (ネタ元 サテメモさん)
[PR]
by maruura | 2006-07-26 15:49

ロシアンブルゥー

オタク・作画・うつのみや (ネタ元 8光年の彼方さん)

スーパーアニメーターのアニメがもてはやされる時代は終わった
 記事の内容とニュアンスは違っているかもしれませんが、タイトルがなかったので勝手につけさせてもらいました。

関連:ねりきんユタポンパート
 キャラと動きが両立してる!(゚д゚)そして劇場版エスカ

日本のアニメ制作は工程管理が甘すぎる、について
 制作進行さんの業界内ヒエラルキー(階級制度に支えられた権威体系)について書かれています。芽の出ない制作さんは国外へ仕事を運ぶ役目になってしまう、という悲しい末路は初めて知りました。それも大事な仕事なんでしょうけど(;´д⊂)

関連:『舞-HiME』の制作進行さんは優秀

東京が世界の中心なのかも
 人々はせわしなく動き回っているが目的はなく、その目に映っているものは、夢か、死か、どこか別の世界だった。

ウィルコム八剱社長、ウィルコムとPHSの現状と将来を語る

ついで:【WIRELESS JAPAN 2006】ウィルコム「W-ZERO3 [es]」やW-SIM使ったコンセプトモデル「BBルータジャケット」出展

[es]の狙い、そして次なるW-ZERO3の構想

ネタや中二病に流れるのは、性格の問題ではないかもしれない

自分語りと自分視点語り
 まるのうらがわは自分視点語りだからコメントが少ないのかなぁと心を痛めたり。

坂金製菓「メープルポップコーン」で「ハチミツとクローバー」とやらを知る
 この夏はアニメより実写映画が気になります。気になるリスト『ハチクロ』『ラブ★コン』『ゆれる』『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』

フィクションを粗末にするやつなんか大嫌いだ。 (ネタ元 はてなブックマーク)

「bit Generations」が気になる。(音注意!)
 あまり注目していなかった、Nintendoの「bit Generations」の公式サイトを偶然見たら、ものすごくおもしろそうで気になりました。とりあえずまるうら的におもしろそうなのは、線でレースする「dotstream」六角形を回すパズル「DIALHEX」音の方向を追いかける「Soundvoyager」あたりです。特に「dotstream」はファミコンの「セクロス」を単純化したみたいでおもしろそうです。

○○の時代は終わりましたのガイドライン
[PR]
by maruura | 2006-07-20 19:55

◆特殺

『夢使い』の「行く道ひとつの唯一つ これが我らの生きる道」というキメ台詞が『アクマイザー3』にインスパイアされたものだったと知りました。これ

 ついでに「地球は狙われている」というどこかで聞いたオタ台詞も『ウルトラセブン』からの引用だったと昨日わかりました!

 というのもMXテレビで『ウルトラセブン』の放送が開始され、その冒頭のナレーションが「地球は狙われている」だったからです。

『ウルトラマン』は今までおもしろいと思わなかったのでスルーしていて、どちらかというと『仮面ライダー』の方がおもしろいよ派でしたが、『ウルトラセブン』はすごくおもしろくてはまりつつあります。

 正直いま見ると戦いの部分はしょぼくてあまり面白味はありませんでした。でも、ドラマや設定の部分に強いこだわりが感じられてわくわくさせられました。今でもこの要素を持ってきて、なんらかの作品に反映させられたらすごくおもしろいモノができそうな気がします。というか学ぶところが多いように思えました。
 庵野さんが『ウルトラマン』にものすごく影響を受けたのも納得です。

 いきなり、人がどんどん消されている! というサスペンス風味の始まり方など、その後の『怪奇大作戦』に通じるところがあったりしてなかなかたのしいです。


 雑記ついでに、新しく始まったアニメでおもろかったのは、『コヨーテラグタイムショー』と『僕等がいた』でした。『僕等がいた』は『フルーツバスケット』の大地監督キター! という感じです。それと何気にtvkで朝6時40分から放送されている『ギャグマンガ日和』も見ちゃったり見ちゃってなかったりします。
[PR]
by maruura | 2006-07-19 20:59

たい焼きオープナー

GUNDAM FIXでガンダムX発売

ついで:HCM-Pro担当者インタビュー

出崎版『宝島』DVD-BOXが出るみたい (ネタ元 編集長メモさん)
 Amazonで検索すると出てきます。予約すると27,563円(税込)です。前に発売されていたBOXが19,740円で2つに分かれていたので合わせて39,480円。なのでちょっとお得ですね。
 以前8光年の彼方さんが東映動画の『どうぶつ宝島』を見て、子供向けで物足りないといわれていましたが、出崎版『宝島』だったらハードボイルドなジョン・シルバーも出てきますし、大人の方にもおすすめです。

関連:宝の地図はみつかりましたか?-わが青春の「宝島」-

アニメ仕事人小林七郎(動画)

ペルソナ3 のアニメムービーはエヴァっぽくてステキ
 今はウイイレ→マリオ→ウイイレ→マリオという、ゲームの合間にゲームというアホの子みたいなプレイをしているので、そろそろRPGもやりたくなってきました。

エヴァの呪縛~ハルヒ・エヴァ比較論によせて~
 いまは100万の時代ではなく、1万が100人の時代なんだ。というのをどこかで読みました。よく分かりませんが『ハルヒ』は消費されるのも早そうだというのに同意です。というか『ハルヒ』まだ最後まで見てません。たしか殺人事件の解決編までです。巡礼者(ハルヒオタ)が神を求めるというのもハイペリオン的だなぁと思いました。

ブログを続けるほど書けることが減る
 ほんとほんと。見られてるなぁと思うともうダメです。って根本的にダメですね。

TVアニメ 『蟲師』 試写会限定グッズ情報更新06/07/13 (ネタ元 カトゆー家断絶さん)
 2話~最終話までの絵コンテ(コンプリート)が20,000円(税込)。絵コンテより馬越嘉彦さんのレイアウト修正集 各6枚入り 各3,000円(税込)がとっても気になります。(´ー`)ギギギ

More
[PR]
by maruura | 2006-07-14 19:09

下にイベントレポをアプしました。

youtubeと作画マニアの視点
 勉強になります。

ドケチの冷房節約法
 いろいろ技があっておもしろいです。ウチもエアコンが体に悪そうなので、直接すずしい扇風機を購入しようか画策してます。機能があまりついてない、ものすごく安いものとそれの上8,000円クラスの高機能モデルは使い心地にどれほど違いがあるのか気になります。マイナスイオンとかどうなの?

DVDでも触れていない「Mr.インクレディブル」の秘密

ITmedia +D LifeStyle:映像のプロ業界へ急速に舵を切るAppleの戦略

秒速5センチメートル 新海誠監督最新作
 コンマニセンチ思い出した! あいかわらず背景が良さそうですね。

GyaO、サンライズの新作アニメ「いろはにほへと」を独占配信
 今期一番気になっていた『いろはにほへと』がGyaOへ。バンダイチャンネルの立ち位置が微妙になってきませんか。今期って書きましたが10月スタートでしたテヘ

『時をかける少女』に期待する(6)錦織博(アニメ監督)
 錦織ファンなので。

人類の進化についての重大な発表
 すげげ!

Amazing 11 year old!!! (ネタ元 ニテンイチリュウさん)
 これはすごいです! 鳥肌がたつというコメントを読んでから見たにも関わらず鳥肌がたちました。今風にいうとチキンハダね。

早朝に頭突きをするジダン選手がパキケファロサウルスに見えました。
[PR]
by maruura | 2006-07-10 18:54

東京国際ブックフェア2006に行ってきました。ゲド

*この記事のためにスキンを一時変更してます。

 思った以上に受付が混雑していて、WEB上で登録しているにもかかわらず、その場でアンケートを書かされるという手順だったのでトークショー開始10分前くらいにやっと会場入りできました。

 ゲド戦記トークショーのある日テレ(読売)ブースは入り口からすぐの場所だったので、すぐに見つけることができ、なんとかベストの位置(立ち見できる場所の一番前)をキープしました。しかしなまじ近すぎて写真を撮ることができませんでした(悲)。出演者の目の前でデジカメをふりまわすわけにもいきませんしね。

 舞台というかステージはスネくらいの高さで、出演者とすごく近くて地声が聞こえるくらいの距離でした。

 そして出演者は、作画演出の山下明彦さん作画監督の稲村武志さん美術監督の武重洋二さんの3人と司会進行役の読売新聞の松任谷正隆さんにクリソツな方、アナウンサーの松本志のぶさん(行列のできる法律相談所の人)という感じです。松本志のぶさんは近くで見ると顔がものすっごく小さくてびっくりしました。

 てなわけで、最初はそれぞれの役割の説明から始まりました。

 一番右端に座っていた山下明彦さんが担当された作画演出というのは全体的に芝居やタイミングを調節する仕事ということでした。ゲド戦記の主人公の名前は知らないのですが、太郎だとすると太郎くんが太郎くんらしい動きをするよう統一させる、といった仕事をするのが作画演出という役割だと分かりました。今まで『クロミちゃん』を見て得た演出さんの仕事のイメージと違っていましたが大変分かりやすかったです。舞台でいうと直接役者に演技指導する役割らしいです。

 次が3人の中央に座っていた作画監督の稲村武志さん、作画監督はご存知の通り全体的に絵柄を統一させる役割です。仕事の流れ的には山下明彦さんが芝居を直し、次に作画監督の稲村武志さんが絵柄を整える、ということでした。

 最後、美術監督の武重洋二さんは背景を描くのが主な仕事です。ゲド戦記の背景は、筆を使いアクリルガッシュで描かれているそうです。アナログなんですねぇ。武重洋二さんは背景以外にも制作に取り掛かる前のイメージボードも沢山描かれたそうです。この時ステージ中央にあったモニターにイメージボードが表示されていました。本編で使われた背景とイメージボードの比較などもあり、満足できる内容でした。

 イメージボードは制作前のイメージすり合わせに使うとのことで、武重さんいわく、イメージは共有できないといけないがボードの内容にイメージが固定されないよう、わりとラフに描いている。とのことでした。イメージボードを渡して、スタッフに背景を描いてもらっているところもあるので、結構そのままな部分もあるようです。

 書き忘れてましたが、山下さんと稲村さんが紹介されている時には、モニターにコンテが映されていて、コンテと本編の比較なんかもありました。(タブン)山下さんの時が牛車の正面があって後ろ手に縛られている女の子→女の子の正面→ゆらぐ草というコンテでした。コンテは宮崎吾郎監督みずから描かれているという発表でしたが、この時の女の子の正面カット(のコンテ)は山下さんが描いたそうです。
 おお! これが吾郎コンテか!? ウワサに聞いていたけどこの女の子の絵は駿監督そっくりだ! と、思っていたところが山下さんだったのでガックリきました。

 スタッフから見た駿(敬称略)コンテと吾郎コンテはずいぶん違うそうで、私が見たところだとなんとなく線が細い感じがしましたが、稲村さんがいうにはキャラが全然違うそうです。でも吾郎監督は建築に造型が深いので、空間を生かしたコンテがうまいらしいです。レイアウトとかカメラワークとかそのへんですかね。

 で、進行役の松本志のぶさんが宮崎吾郎さんの監督として資質はどうなのかと、やたら聞きたがっていたので、個人的にそこ突っ込んじゃまずいんじゃないのかな(汗)。と思いつつもスタッフに直接聞きたかった質問なのでナイス! とか思いながら聞いていたら、監督というのはスタッフをまとめるのが仕事なので、その辺はジブリ美術館の方で実績があるので大丈夫というお答えでした。これ以上は読んでくれている人の想像にお任せします。

 宮崎駿さんは『ゲド戦記』に関しては一切関知しないと宣言されていて、作画班は駿さんに相談したいことがあっても、あくまでも監督は吾郎さんだということもあり、吾郎監督を飛び越えて駿さんに相談することはできないので、今回は一切駿さんに相談をしていないそうです。不安ですねぇ。

 そんなこんながありつつ、次はモニターに吾郎監督のビデオが映り、監督になった経緯が語られました。

 吾郎監督は、ゲド戦記の立ち上げの際にいろいろ資料集めだとかを協力していて、最初は別の監督がやる予定だったらしいのですが、だんだん楽しくなってきて、監督をやるようになったそうです。こう書くとすごくバカっぽいのですが、吾郎さんは元々その別の方に監督をやって欲しかったらしいです(なんとなくその監督のために制作に加わっていたようなニュアンスがありました)。
 制作にかかわることが楽しくなってきた時期に鈴木プロデューサーに監督やらないか? と、言われたのでしょうかね。ここは推測なので、2ちゃんねるなどに転載しないでください(笑)。

 で、吾郎さんが監督をやると決まったときのお三方は、『ハウル』の作業が忙しすぎて、その辺の経緯はうっすらとしか知らなかったそうです。

 公開が目前に迫ったアニメーターさんたちの現在の気持ちをまとめると、裁判の結果を待つようなものです。と、おっしゃっていました。

 私もこのトークショーに参加して、おもしろいおもしろくないに関わらず、どういうデキになっているのか興味が出てきました。

はみだし
[PR]
by maruura | 2006-07-10 17:51 | イベント

GRUMPY OLD MEN

キャプテンパワー

関連:captainpower training video 2_1
 確かにポケモンショック過ぎます(;´Д`)ものすごいエフェクトアニメだ。

Youtubeの狂鬼人間とか

大平晋也 MAD Shinya Ohira
 ついにこういうものがアップされてしまうようになりました2。最高です。

「攻殻機動隊S.A.C.」の続編「SSS」11月24日にDVD発売

エアギター (ネタ元 sasapong!!さん)

「ピクサー展」はぜひ夏休み前に
 六本木ヒルズにて、8月27日まで開催されているそうです。

Gimmick! NES in 10:56 [All levels]
 最近You Tubeでファミコンプレーをながめるのがお気に入りです。自分では、できないけれどサクサク進むのを見ているだけでやっている気分になれて癒されます。NES(海外でいうファミコン)と検索すると色々でてきておもしろいです。

メモ:映画「ゲド戦記」アニメーター
日時: 7月8日(土) 12:30~
場所: 読売新聞・日本テレビグループ ブース
以前書いた東京国際ブックフェア2006です。
[PR]
by maruura | 2006-07-03 19:33

Better late than never.
by maruura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

メモとリンク

●気になるリンク●
◆個人サイト
akiman's blog
D-team
ex
アニオタフォース
野良犬の塒
しゃあぽ
コロコロザイーガ
新sumomopark
メビウス・ラビリンス
ひらがなぶろぐ
…かってにかーぼん…
Vj Cream Net Booth
◆メディア&便利
テレビ王国
しょぼいカレンダー
音泉
◆ブログ
はてなダイアリー
JUGEM
ライブドア
◆SBM
フロッグ
blogmap
はてなブックマーク

●レポート関連●
ワンフェス2004【冬】
------------------------------
六本木ヒルズ行ったよ
------------------------------
竹熊健太郎x氷川竜介
トークショー行ってきたよ

------------------------------
東京国際アニメフェア2004
いってきたよ。

------------------------------
ワンフェス2004【夏】
------------------------------
ワンフェス2005【冬】
------------------------------
東京国際アニメフェア2005
------------------------------
東京国際アニメフェア2007
------------------------------
まるのうらがわ(さくさく)

●お便りはこちら●
まるうら

●未定な予定●
『機動戦士ガンダムUC』は
最後まで劇場で観る予定



超健全サイト

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな