まるのうらがわ♪

タグ:やや古 ( 10 ) タグの人気記事

真理がわれらを自由にする

『R.O.D -THE TV-』を観てました。

 本放送時は知りませんでしたが、竹内哲也さんがかなり活躍されてますね。特に13話『続・紙々の黄昏』は、原画陣も豪華でした。

 私の知っているところでいうと森久司さん・竹内哲也さん・細田直人さん・松原一之さんが確認できました。どのパートが誰かじゃなくって、クレジットを確認しただけです。

 細田直人さんはアニタが空中に飛び出したあたりを担当されていると、オーディオコメンタリーで言われてました。

 本放送時は、ねねねが薬を打たれるところで嫌になって観るのをやめましたが、たしか、ごたごたがあって地上波では最後まで放送されませんでしたよね。

 DVD6巻まで観たあと、さかのぼりすぎて『MAICO 2010』を最後まで観てしまったのはまた別の話。

 もともと『R.O.D -THE TV-』を観ようと思ったきっかけは『かみちゅ!』14話「夢色のメッセージ」がおもしろすぎたことに端を発する訳なので、結局はいい落ち着き方なのかなと思ったりも。

『MAICO 2010』はヒマなお正月にピッタリなので、観るものないなーって方はぜひ! 私が『やっぱり猫が好き』みたいなシチュエーションコメディ(場所が限定されていてその中で色々ハプニングが起こるアレ)が好きってこともあるかと思いますが、脚本の倉田さんが『かみちゅ!』14話のオーディオコメンタリーで、「こういう話ならいくらでも書ける」とか、「この回の直しは少なかった」とか、おっしゃっていたので、やっぱりシチュエーションコメディーは、倉田さんの持ち味が活きるのだと思います。おもしろいですし。

 あ! 『MAICO 2010』はラジオ局の話で、ほぼスタジオの中だけで話が完結します。

『かみちゅ!』のオーディオコメンタリーを聞いた後、『R.O.D -THE TV-』の方を聞くと、同じように正月何してた? という話題を展開していたので、だいたい2年周期で作品が世に出てくるのだなという法則を発見したりもしました。

 でもアニメの制作って本当に大変みたいですね。コンテが上がって放送まで3週間。テレビ放送とは別に4本話を作るのは、テレビのあとOVAを4本作るくらい大変とおっしゃられていました。テレビシリーズで26話のものもあるから、そのくらいかと思ってましたが、それとは全然別みたいですね。うーん大変です(汗)。

 そういう苦労しておもしろアニメを作っている現場の方になにかできないかと、考えたりもしましたが、とりあえずDVDを買うくらいしか思いつきませんでした。いちおう『かみちゅ!』はDVDを全部買いました。「レンタル→購入」ではなくて「テレビ→購入」というかたちです。あとは、マンガを買ったくらいでしょうか?

 ブログは世界に開かれた場所なので、ここを見てくださるかもしれないアニメプロデューサーさんのために情報を開示しておくと、私の購入パターンは、テレビで観ておもしろかったら途中で観るのをやめて、その後DVDを買って観るという流れが多いです。その方が買った時に観てない話がみられてうれしいので。


 営業的には全然まったく関係ないのですが、『R.O.D -THE TV-』16話のサブタイトル「華氏四五一」の元ネタになったレイ・ブラッドベリさんの「華氏451度」という本も買ってしまいました。――本のページに火がつき、燃え上がる温度……。という訳で、冒頭10数ページしか読んでませんが、こんなにおもしろそうだと思えるのは久しぶりです。SFなのに最初のページにある挿絵がゲド戦記みたいでかっこいいのですよ。


関連:松岡正剛の千夜千冊『華氏451度』レイ・ブラッドベリ

『kanon』の音響は京アニだから特別と言うわけではなく録音エンジニアである名倉靖さんの仕事
 名倉靖さんは『R.O.D -THE TV-』や『かみちゅ!』の音も担当されています。あと、『蟲師』『AIR』なども。
[PR]
by maruura | 2006-12-08 17:13 | アニメ

擬音がいいよね、めぞん一刻

『めぞん一刻』第6話 春はショッキング! 響子さんの秘密!!

 五代くんと響子さんがお墓参りに行って、響子さんの秘密が明かされる回の、(たしか)お参りをしている響子さんのアップが美樹本さんっぽいなぁと思ってみていたら、作画監督が土器手司さん、原画に中島敦子さんがいました。

 中島敦子さんの仕事なのかな?

『めぞん一刻』はめちゃくちゃおもしろいってほどでもありませんが、今観てもだいぶおもしろいです。私は初見ですが。

 派手なドラマがあるわけではないのに30分みせてしまうあの空気感がすごく心地よくて不思議です。


響子さんの作画監督比較表
 土器手さん中島さんなどの違いが知りたい方はどうぞ! 勉強になります。
[PR]
by maruura | 2006-11-24 14:37 | 気になったアニメ

最近のおもしろアニメ

『ハピ☆ラキ ビックリマン』についに三条陸さんが登場しました(脚本)。といっても2週前の話です(第3話)。前回までのオヤジっぽい脚本もビックリマンに合っていて良かったのですが、やっぱり三条陸さんの話はおもしろいです。もうすぐ大塚健さん(絵コンテ)も登場するらしいので、いよいよ目が離せなくなってきました。

 なんだか『ビックリマン』は大塚健さんが『ガイキング』で耕した畑から採れるおいしい作物みたいなアニメになってますね。おいしいとこ取りするだけじゃなく、ちゃんと大塚健さんも登場するあたりに東映の良心を感じました。今後にも期待したいです。

 岡村天斎監督の『人造人間キカイダー THE ANIMATION』もなかなかおもしろいです。低画質で録画していたのが主な原因ですが、HDDレコーダーで初めてブロックノイズが出る作画に遭遇しました。主に煙のエフェクトが出るバトルシーンが。
 なかなか作画に見所があっていいと思うのですが、あまり人気はないのでしょうか。作画以上にレイアウトがいいんですけどね。かなり。

『BLACK LAGOON 2nd』ネット上の人たちがみんな「おもしょいおもしょい」いうので、惰性で見てましたが、双子編の最後と偽札編の1話を観て、やっとおもしろいと感じました。それもすごく。アニメーターは13話以降に乗ってくる説は本当だったのでしょうか? 双子編は別格としても、偽札編の崩した感じとか『BLACK LAGOON』の下品な作風と合ってて良かったです。
[PR]
by maruura | 2006-11-06 20:40 | 気になったアニメ

最近の注目は東映アニメーション

 あまり更新していないので、作画の良かったところを残していくことにします。

 最近注目しているのが東映アニメーションです。東映アニメーションは基本的にそんなに作画が良くなくて、安定した作画の多い今期のアニメの中では埋もれがちです。しかし、低調なところにいきなり良い作画が入ってくる快感は、安定したものを見ているよりずっと上です。

 それで今回は『ハピ☆ラキ ビックリマン』のヤマト王子の戦闘シーンがよかったです。金棒を振り回す鬼の攻撃を、よく分からない見切りでかわし、鬼を吹き飛ばすシーンです。名前は分かりませんが、東映アニメーションには西田さん以外にもうまい人がいて、そういう人がたまに出てくるのを楽しみに見てしまいます。

 だれの仕事か分からない東映アニメーションというと『金色のガッシュベル』第139話を思い出します。あちらの戦闘シーンは枚数制限が厳しいせいか、パースを効かせた止め絵を数枚バシバシ切り替えたあとキックする、その動きが良くて印象に残っています。

 といっても、ほんの1、2秒のシーンなので、今さらレンタルで見てもおもしろいかどうか分かりません(笑)。キックした足が戻るところが良かったんですよねぇ。超マニアックな話でスミマセン。

 対する『ハピ☆ラキ ビックリマン』のヤマト王子の戦闘シーンは、1話だからかちゃんと枚数を使っているようで、変な感じに動いてました。それでも枚数を使っている他のアニメよりは全然少ないと思います。

 ついでに、『ぷるるんっ!しずくちゃん』はバケル!(゚д゚)
 東京ムービー(テレコム)トムス制作作品はギャグがおもしろくないのが問題ですね。キャラは活きているので、おもしろい脚本が書ければ化けるはずなのですが。

 なんかものすごく偉そうになってしまいました(;゚д゚)...。
[PR]
by maruura | 2006-10-16 20:55 | 気になったアニメ

無意味にハシゴゆらすの禁止

『ひぐらしのく頃に』「綿流し編」を最後まで見ました!

 超コワイ!! ありえないんですけど(((( ;゚Д゚))))

 なんですかこの鬼太郎のエンディングみたいなラストは。
 まーじーで! 超怖かったです。

 なんだか毎回圭ちゃん(主人公)がいたぶられるのを、楽しみに見るアニメみたいになってきましたよ。
 でも、普通に見ていると、視聴者にギャグっぽい雰囲気を感じさせずあくまでもサスペンスとして見せているのがすごいですね。

 主人公がいたぶられるのを楽しみに見るというと『ストーカー・誘う女』の「やめなさいミチルくん!」というアレにすごく似てますね。

『ひぐらしのく頃に』の考察はネット上に山ほどあると思いますが、この「ストーカー・誘う女に似てる論」はさすがに誰も書いてないんじゃないかと自信があります(笑)。

 次は「祟殺し」編ということで、タイトルがすでに怖EEEee(゚д゚;)


MAD:YouTube - アタック!ひぐらしのなく頃に 完全版 (ネタ元 はてなブックマーク)
[PR]
by maruura | 2006-10-04 21:16 | アニメ

頼れる仲間はみんな目が死んでいる

 10月新番のために、ハードディスクドライブを整理しようと『ひぐらしのく頃に』を見始めました。

 今のところ、1部の『鬼隠し編』が終わって、次の『綿流し編』の2個目まで見ました。

 絵がゆるめなこととか、同人ゲーム発祥とかで、あまく見てましたけどめちゃめちゃおもしろいですね。

 超こわいのと、変なぬるさが同居していて、今までに見たことないアニメになっています。

 ●●編で、話が区切られているようだけど微妙にずれながらリンクしていく感じとか、アニメとしてはすごく革新的な作りになっていると思うのですが、そういうとこで盛り上がりとかなかったのかな? 個人的に超すごい仕掛けだと思うんですが……。ゲームの時に盛り上がる人は盛り上がり終わっちゃたのでしょうか?

 最初の『鬼隠し編』で世界観と、超バッドエンドを見せておいて、二部以降(主人公たちは)さあどうする? というきわめてゲーム的なものを、アニメとして見せるのに、こんなにすごい方法は見たことないですよ。

 えーと、主人公は『鬼隠し編』で、大変なことになっちゃったので、次の『綿流し編』では、主人公死なないで! と、思いながら視聴者は見るわけです。1度ゲームオーバーになったゲームを、再度やりこむのと同じ感覚ですね。これをアニメでやっているのがすごいです。
 ひぐらしメソッドを使えばゲームをアニメ化するのに、あらたなる地平が!? と思いましたが、サスペンス風味のものしか無理っぽいですね(汗)。

 周知の事実かもしれませんが、人が死んだり、生きたりするものって、すごく人気が出ますよね。『地獄少女』しかり『DEATH NOTE』しかり『火曜サスペンス』しかり『ワイドショー』しかり。

 キャラデザインについては、萌え(日常)⇔普通(ドラマ)⇔サスペンス(恐怖)の間を行き来するのにちょうどいいデザインというか、必然性があって、あのデザインだと今なら分かります。

 ゲームの方も最近完結したらしいですし、アニメを見て、その後ラストあたりだけスルニョとゲームにつながれば嬉しいのですが、どうなのでしょう。ちゃんと最終話まで録画しているのでまとめて見られてなんだかハマってしまいました。ヽ(´ー`)ノ

 ケータイが新しかったら、ひぐらしに出てくるキャラの「はははは!(cv:雪野五月さん)」という乾いた笑い声を着ボイスにしたいくらいです。

 電話がかかってくるたびにビクビクしながら出ますけどね(゚д゚;)。

memo:雛見沢を5分で高速散策
[PR]
by maruura | 2006-10-02 19:49 | アニメ

だってだって、だってだって、大好きだから(゚д゚)クワッ

 巷ではDivXというものが話題になっているようですが、パソコンテレビGyaOで配信されている『天使になるもんっ!』を見てきました。9話。

 リアルタイムで見て以来なのでものすごくなつかしい! そしてオープニング曲のメチャクチャな歌詞にドッキリしつつも昔見ていた記憶がザックリ掘り返されました。

 もうOPのクオリティの高さでノックアウト寸前になります。わかめと油揚げのぉ~♪じゃないですよまったくヽ(´ー`)ノ

 本編もいまどきのアニメにないくらいクオリティが高いというか、安定感が異常すぎます。9話は錦織監督と土器手さんがコンテを描いていて、レイアウトも良かったです。コンテとレイアウトにどの程度関連性があるのかは知りませんが……。

 やっぱり錦織監督は最高ですね。

 錦織博さんはノイタミナの『獣王星』の監督で、10月からは土曜6時、通称土6の監督をされることも決定しています。

 ノイタミナ→土6の監督なんて前代未聞じゃないですか? 土6は若者の感性に合わないと叩かれまくるので少し心配です。逆にウケればものすごいことになるのでしょうが(汗)。とにかくがんばっていただきたいです。

おっと、いつの間にか公式ページがリニューアルしてました。
天保異聞 妖奇士 <あやかしあやし>

妄想:関係ないけど『反逆のルルーシュ』ってまさかの『エウレカ』枠なんじゃないでしょうか? OPは「FLOW」ですし。。ただの思いつきですよ(´ー`)
[PR]
by maruura | 2006-08-11 00:29 | アニメ

オタノマド

フライシャー・スタジオの最高傑作アニメ『Superman』
 Googleビデオを見ていて発見しました。Fleischer Studiosについてはこちらをどうぞ。1940年代にこのクオリティは驚きです。ちょっとロボットカーニバルっぽいし、すごくかっこいいです。フライシャー兄弟がディズニーに勝っていたら、アメリカアニメも今とは違っていたかもしれませんね。

Superman in 1942's The Magnetic Telescope
 YouYubeで探してみると別のスーパーマンも出てきました。

Betty Boop
 ついでにフライシャー・スタジオのBetty Boopシリーズもおもしろいのでオススメしておきます。

アニメの歴史 - Wikipedia (ネタ元 はてなブックマーク)
 上のスーパーマンは『くもとちゅうりっぷ』より前というのが恐ろしい。

東京発 「デザイン&ものづくり」 マガジン ≫ Archive ≫ ゲズ・フライ:マンガスタイルのイラストとは (ネタ元 はてなブックマーク)
 日本危うし?

YouTube - tamago kake gohan (ネタ元 じす@名古屋さん)
 クソゥ(;´Д`)にゃんちゅーがいちいちツボにはまってしまう。
[PR]
by maruura | 2006-06-06 21:45

TAF2006サテライトブース

 大型連休なのでためていた文章をアップするこころみです。

 今回はTAF06レポートのつづきです。


『ノエイン』の原画が展示してあるという、サテライトブースに向かいました。

 今回、他の制作会社のブースは激減していたのに、元請け会社であるサテライトブースはこじんまりながらも新作のボードがみっちり並んでました。気になったのは安倍吉俊さんがイメージボードを描かれた『無限機甲ネクロダイバー(仮)』でした。たぶんサテライト的にもブースの中央、レジの向かいに飾ってあったので力を入れているのでしょう。物販では河森監督の最近発売になった画集が販売されていました。私がいたときには外国人の方が購入されていました。ロボテック(マクロス・サザンクロス・モスピーダの3作)は海外でも人気ありますね。

 ブースを見て回ったのですが、事前に情報を仕入れていた原画コピーがどこにも見当たらず半泣きになりながらうろついていると、ブースの外側に展示されているのを発見しました。やっぱりアニメの神様はいるのですね!

 原画コーナーには、うつのみや理さん岸田隆宏さん、大久保宏さん、りょーちもさんfeaturingうつのみやさん、松本憲生さんといったオールスターファン感謝際のような豪華なアニメーターの方々の原画が展示されていました。

 覚えている限りのカットを挙げると、りょーちもさんがアトリが空間から出てきてよつんばいで背中をこちらに向けているカットでした。岸田さんは顔と手をもがれるクイナ(かな?)。大久保さんが空飛ぶ仏像だった気がします。松本さんは、ユウと友達が段に座って会話しているカットでした。ユウくんが友達の顔に手でぐわっとやってました。素人なので、日常の芝居シーンの原画を見ても、松本さんのすごさはよくわかりませんでした。そもそも、ノエイン12話まだみてませんでしたトホ。

 それでもうつのみやさんの原画のすごさだけはわかりました。カラスがなにかに銃撃されているシーンで、銃撃されながらもがんばって耐える、みたいなカットでした。うつのみやさんの原画はものすごく個性的というか、覚えている中から照合すると、ひとりだけ東映動画みたいな原画でした。線がものすごく太くて、カラスの顔がすごくカワイイキャラクターみたいになっていました。

 原画をセレクトした人がマニアックなのか、WEBアニメスタイルに掲載されている原画のような分かりやすいものは無く、なんだか玄人向けなチョイスがなされていました。

 それでも、ものすごいものを見たという満足感は得られたのでした。これだけでも行った価値はあったなと、オタク的にニヤリとしながら帰ってきました。こういうものは行かないとみられませんからね(゚∀゚)カオガズレル
[PR]
by maruura | 2006-05-02 21:04 | イベント

にょきすく

自分の持ち物情報管理SNS「Socialtunes」 (ネタ元 nomicomemoさん)
 おもしろそうです。

10枚の「ゴッサム・シティ東京 」 (ネタ元 はてなブックマーク)
 ミニチュア写真の次のブームはこれだそうです。全部空が曇っているのはなぜなのでしょうか?

MUSTERBATOR ブログ寿命 (ネタ元 はてなブックマーク)
 そういえばこのブログも3年目でした(;´Д`)

タモリが料理上手になったわけ
 タモさんの料理レシピリンクもあります。

跡部坊主事件の腐女子の反応となぜテニスの王子様が流行るのか
 跡部さまがなんなのかようやく分かりました。

FF12のムービーをリッピングしてWZERO3で再生する方法
 「Pocket DivX Encoder」はVobファイルを直接DivX形式に変換してくれます。

UK版iTMSを席巻中のユニット“ナールス・バークリー”に要注意!
 公式サイトに行くといきなり曲が流れ出して全編聞けます。右上の曲送りボタン(棒に右矢印)を押すと聞ける2曲目でやられました(笑)。買うかも。
[PR]
by maruura | 2006-04-14 20:54

Better late than never.
by maruura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

メモとリンク

●気になるリンク●
◆個人サイト
akiman's blog
D-team
ex
アニオタフォース
野良犬の塒
しゃあぽ
コロコロザイーガ
新sumomopark
メビウス・ラビリンス
ひらがなぶろぐ
…かってにかーぼん…
Vj Cream Net Booth
◆メディア&便利
テレビ王国
しょぼいカレンダー
音泉
◆ブログ
はてなダイアリー
JUGEM
ライブドア
◆SBM
フロッグ
blogmap
はてなブックマーク

●レポート関連●
ワンフェス2004【冬】
------------------------------
六本木ヒルズ行ったよ
------------------------------
竹熊健太郎x氷川竜介
トークショー行ってきたよ

------------------------------
東京国際アニメフェア2004
いってきたよ。

------------------------------
ワンフェス2004【夏】
------------------------------
ワンフェス2005【冬】
------------------------------
東京国際アニメフェア2005
------------------------------
東京国際アニメフェア2007
------------------------------
まるのうらがわ(さくさく)

●お便りはこちら●
まるうら

●未定な予定●
『機動戦士ガンダムUC』は
最後まで劇場で観る予定



超健全サイト

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな