まるのうらがわ♪

タグ:アート ( 2 ) タグの人気記事

東京国際ブックフェア2006に行ってきました。ゲド

*この記事のためにスキンを一時変更してます。

 思った以上に受付が混雑していて、WEB上で登録しているにもかかわらず、その場でアンケートを書かされるという手順だったのでトークショー開始10分前くらいにやっと会場入りできました。

 ゲド戦記トークショーのある日テレ(読売)ブースは入り口からすぐの場所だったので、すぐに見つけることができ、なんとかベストの位置(立ち見できる場所の一番前)をキープしました。しかしなまじ近すぎて写真を撮ることができませんでした(悲)。出演者の目の前でデジカメをふりまわすわけにもいきませんしね。

 舞台というかステージはスネくらいの高さで、出演者とすごく近くて地声が聞こえるくらいの距離でした。

 そして出演者は、作画演出の山下明彦さん作画監督の稲村武志さん美術監督の武重洋二さんの3人と司会進行役の読売新聞の松任谷正隆さんにクリソツな方、アナウンサーの松本志のぶさん(行列のできる法律相談所の人)という感じです。松本志のぶさんは近くで見ると顔がものすっごく小さくてびっくりしました。

 てなわけで、最初はそれぞれの役割の説明から始まりました。

 一番右端に座っていた山下明彦さんが担当された作画演出というのは全体的に芝居やタイミングを調節する仕事ということでした。ゲド戦記の主人公の名前は知らないのですが、太郎だとすると太郎くんが太郎くんらしい動きをするよう統一させる、といった仕事をするのが作画演出という役割だと分かりました。今まで『クロミちゃん』を見て得た演出さんの仕事のイメージと違っていましたが大変分かりやすかったです。舞台でいうと直接役者に演技指導する役割らしいです。

 次が3人の中央に座っていた作画監督の稲村武志さん、作画監督はご存知の通り全体的に絵柄を統一させる役割です。仕事の流れ的には山下明彦さんが芝居を直し、次に作画監督の稲村武志さんが絵柄を整える、ということでした。

 最後、美術監督の武重洋二さんは背景を描くのが主な仕事です。ゲド戦記の背景は、筆を使いアクリルガッシュで描かれているそうです。アナログなんですねぇ。武重洋二さんは背景以外にも制作に取り掛かる前のイメージボードも沢山描かれたそうです。この時ステージ中央にあったモニターにイメージボードが表示されていました。本編で使われた背景とイメージボードの比較などもあり、満足できる内容でした。

 イメージボードは制作前のイメージすり合わせに使うとのことで、武重さんいわく、イメージは共有できないといけないがボードの内容にイメージが固定されないよう、わりとラフに描いている。とのことでした。イメージボードを渡して、スタッフに背景を描いてもらっているところもあるので、結構そのままな部分もあるようです。

 書き忘れてましたが、山下さんと稲村さんが紹介されている時には、モニターにコンテが映されていて、コンテと本編の比較なんかもありました。(タブン)山下さんの時が牛車の正面があって後ろ手に縛られている女の子→女の子の正面→ゆらぐ草というコンテでした。コンテは宮崎吾郎監督みずから描かれているという発表でしたが、この時の女の子の正面カット(のコンテ)は山下さんが描いたそうです。
 おお! これが吾郎コンテか!? ウワサに聞いていたけどこの女の子の絵は駿監督そっくりだ! と、思っていたところが山下さんだったのでガックリきました。

 スタッフから見た駿(敬称略)コンテと吾郎コンテはずいぶん違うそうで、私が見たところだとなんとなく線が細い感じがしましたが、稲村さんがいうにはキャラが全然違うそうです。でも吾郎監督は建築に造型が深いので、空間を生かしたコンテがうまいらしいです。レイアウトとかカメラワークとかそのへんですかね。

 で、進行役の松本志のぶさんが宮崎吾郎さんの監督として資質はどうなのかと、やたら聞きたがっていたので、個人的にそこ突っ込んじゃまずいんじゃないのかな(汗)。と思いつつもスタッフに直接聞きたかった質問なのでナイス! とか思いながら聞いていたら、監督というのはスタッフをまとめるのが仕事なので、その辺はジブリ美術館の方で実績があるので大丈夫というお答えでした。これ以上は読んでくれている人の想像にお任せします。

 宮崎駿さんは『ゲド戦記』に関しては一切関知しないと宣言されていて、作画班は駿さんに相談したいことがあっても、あくまでも監督は吾郎さんだということもあり、吾郎監督を飛び越えて駿さんに相談することはできないので、今回は一切駿さんに相談をしていないそうです。不安ですねぇ。

 そんなこんながありつつ、次はモニターに吾郎監督のビデオが映り、監督になった経緯が語られました。

 吾郎監督は、ゲド戦記の立ち上げの際にいろいろ資料集めだとかを協力していて、最初は別の監督がやる予定だったらしいのですが、だんだん楽しくなってきて、監督をやるようになったそうです。こう書くとすごくバカっぽいのですが、吾郎さんは元々その別の方に監督をやって欲しかったらしいです(なんとなくその監督のために制作に加わっていたようなニュアンスがありました)。
 制作にかかわることが楽しくなってきた時期に鈴木プロデューサーに監督やらないか? と、言われたのでしょうかね。ここは推測なので、2ちゃんねるなどに転載しないでください(笑)。

 で、吾郎さんが監督をやると決まったときのお三方は、『ハウル』の作業が忙しすぎて、その辺の経緯はうっすらとしか知らなかったそうです。

 公開が目前に迫ったアニメーターさんたちの現在の気持ちをまとめると、裁判の結果を待つようなものです。と、おっしゃっていました。

 私もこのトークショーに参加して、おもしろいおもしろくないに関わらず、どういうデキになっているのか興味が出てきました。

はみだし
[PR]
by maruura | 2006-07-10 17:51 | イベント

まとまりにかける

<著作権侵害>キャラクター巡り村上隆さんとナルミヤ和解について (exトロニカさん)

村上隆と知的財産権 (渦状言論さん)
 同意ヽ(´ω`)ノ

カイカイキキアニメーションスタジオ、パイロットフィルム (ネタ元 dotimpact::CarbonCopiesさん)

06 TDC展で見ることができた大日本タイポ組合の出品作は深い悪意に満ちている (ネタ元 dotimpact::CarbonCopiesさん)
 上の問題と比べてみると興味深いです。

JDNデザイン ゼミ
 「顧客は製品であるドリルを欲しがるのではなく穴が欲しいのだ」デザインに興味のある人には技術・芸術・デザイン (要旨その1)だけでもオススメ。デザイナーさんなら誰でも知っていることでしょうけど(´ω`)

『リーンの翼』全巻収納BOXにトミノが!! (ひびのたわごとさん)
 記事はこちら。ライナーノーツの富野監督による演出論も一部紹介されています。
 収納BOXの絵は「教えてください。富野です」のパロディですね(笑)。

質問:アニメを観るのが苦手
 アニメ感想サイトの弊害がこんなところに。

「なに読んでるの? 長門さん」-第4話『涼宮ハルヒの退屈』 (ネタ元 はてなブックマーク)

映画「鮫肌男と桃尻女」「Party 7」を無料配信するキャンペーン

低価格ヘッドホンいろいろ
 持っているものがだいたい挙げられていてびっくりしました。iPod購入と同時期に買ったのがSHUREの「E2C」、音はよかったのですが断線。

 次に楽画喜堂さんのオススメだったフィリップス「SBC-HE580」。高いものを買ってまた壊れるといやなので1,500円という価格につられて買いました。音質・使い勝手共に満足していて現役です。主にDSに挿して「えいご漬け」用にしています。ただ最近イヤフォン部のゴムカバーがはずれやすくなってきたのと、金属の網(音が出る部分)がパカパカしてきて今にも内部の部品が飛び出してきそうで心配です。

 心配なので、ヨドバシカメラのワゴンセールでaudio-technicaの「ATH-CK5」を購入。音質はそこそこというか特に不満のないレベルで、耳にすっぽりおさまるデザインなので寝転がって使っていても耳が痛くなくて良いです。今はW-ZERO3に刺さっていることが多いです。

 SHUREの「E2C」を使っている時期にゼンハイザーの「MX400」をもらったのですが、ものすごく音漏れしそうな音の出方をしていたので今は引き出しの奥で眠っています。

 パソコン用としてはAKGの「K44」を使っています。(レビュー)価格と音・装着感の好みなどを考えてこれにしました。デザインは妥協したので外では使えません。

岩井俊雄 創作の軌跡~パラパラマンガからメディアアートまで (ネタ元 envol! VJさん)
 5月14日(日)2時半開場
[PR]
by maruura | 2006-04-26 16:03

Better late than never.
by maruura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

メモとリンク

●気になるリンク●
◆個人サイト
akiman's blog
D-team
ex
アニオタフォース
野良犬の塒
しゃあぽ
コロコロザイーガ
新sumomopark
メビウス・ラビリンス
ひらがなぶろぐ
…かってにかーぼん…
Vj Cream Net Booth
◆メディア&便利
テレビ王国
しょぼいカレンダー
音泉
◆ブログ
はてなダイアリー
JUGEM
ライブドア
◆SBM
フロッグ
blogmap
はてなブックマーク

●レポート関連●
ワンフェス2004【冬】
------------------------------
六本木ヒルズ行ったよ
------------------------------
竹熊健太郎x氷川竜介
トークショー行ってきたよ

------------------------------
東京国際アニメフェア2004
いってきたよ。

------------------------------
ワンフェス2004【夏】
------------------------------
ワンフェス2005【冬】
------------------------------
東京国際アニメフェア2005
------------------------------
東京国際アニメフェア2007
------------------------------
まるのうらがわ(さくさく)

●お便りはこちら●
まるうら

●未定な予定●
『機動戦士ガンダムUC』は
最後まで劇場で観る予定



超健全サイト

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな